毎年サイズが代わる子供服選びどうすれば良い?損しない子供服購入のコツなどをご紹介します

子供服を買うコツは季節によって必要な服の厚みが変わり、通気性の良い夏用の服はオーバーサイズでも着こなしやすいことがあります。逆に冬用のアウターや、厚手のセーターは大きすぎると不便なので注意が必要です。ベーシックなデザインや色の服は、年齢や季節を問わず長く着られる可能性が高いです。子供服のトレンドアイテムも楽しいですが、基本アイテムを中心に選ぶと無駄が少なくなります。また高価なブランドやデザイナーズブランドは素敵ですが、子供が急成長する時期にはリーズナブルな価格で購入できるブランドも検討しましょう。

子供服はすぐサイズアウトするのがよくある悩み

子供服というとどうしても大きな悩みが一つあります。それが、すぐサイズアウトしてしまうという点です。好きなブランドの洋服を着せてみたいと思ってもすぐに小さくなってしまうので、非常にもったいないのです。例えば赤ちゃんなら生まれた時は50cmほどであるのに1年もすれば25cmくらい一気に身長が伸びてしまいます。幼児のうちは8cm~10cmほど身長が伸びてしまうので1年でサイズアウトしてしまうことは少なくありません。ワンシーズンしか着用できなかったというケースもあり、子供服を買うのが本当にもったいないと感じてブランド服を気軽に買えないという方もいらっしゃいます。そんな方は、お下がりの服をママ友から譲り受けたり、リーズナブルなお店やファストファッションで購入してしのいでいる方が多いです。子供は特によく汗をかくので着替えが大事ですから、洋服が何着も必要になるものです。量要るからこそ、できるだけ予算は抑えてというのが多くのママたちの考え方です。ただ、すぐにサイズが大きくなるというのも子供の成長の過程ですから、悩みである一方でそれは喜ばしいことでもあるのです。

年齢別でわかる子供服の平均サイズ

子供の成長は早いからこそ、洋服のサイズがいくつだったか忘れてしまう事も多いです。子供の年齢別に子供服の平均サイズを把握しておくことで、買い物の際にも慌てずに購入する事が出来ます。実際に子供服のサイズですが、新生児であれば50センチから60センチになります。例え大きすぎたと感じても直ぐに成長するので、長く愛用する事が可能です。幼児として3ヵ月から半年の子供であれば、60センチから70センチまで成長します。乳幼児は半年から1年になる頃であれば、70センチから80センチが一般的です。1歳から2歳までの幼児であれば、80センチから90センチになります。幼稚園児として3歳から4歳であれば90センチから100センチになり、小学生の5歳から10歳になると110センチから150センチになります。ただしあくまでも平均的な大きさであり、子供それぞれの成長だけでなく男女差によって違いがあるのは理解しておく事がポイントの1つです。

子供服を毎年買い替えるならリーズナブルなブランドを選ぶべし

子供は成長が早いので、少なくとも1年に1回は子供服を買い替えなければいけなくなります。特に小学生くらいまでは数か月前まで着ていた服が入らなくなってしまったケースが少なくないです。子供服を毎年買い替える場合は、リーズナブルなブランドがおすすめです。すぐに着られなくなるのに、効果なブランドばかり購入するのは勿体ないと言えます。 安くても品質の高い子供服のブランドが多くあるので大丈夫です。様々なブランドがあるので、実際に購入した人の意見も参考にして比較してみてください。購入して使用してみないと分からないことがあるので、子供にマッチするのかを見極めるための情報が得られます。ただ、リーズナブルであれば何でもいいわけではなく、生地の丈夫さなどは重視するべきです。すぐに生地が破れてしまっては、無駄な出費が増えることになります。子供服は何年も使用するわけではないですが、簡単にダメになってしまうものはおすすめできないです。

ワンサイズ大き目の子供服を購入すれば2年着用できるケースもアリ

子供服を購入する際に、ジャストサイズを購入されている方も少なくありませんが、中にはそれではもったいないからといってあえてワンサイズアップした服を購入されている賢いママもたくさんいらっしゃいます。例えば119cmのお子様と言えば120cmの洋服を着用しますが、ここで130cmを購入しておけば、今年だけでなく来年も着用できるケースがあるのです。120cmの身長のお子様というと、6歳から7歳くらいの年齢のお子様です6歳から7歳の年齢のお子様は、1年で凡そ5,6cm程伸びるので、翌年は125,6cmくらいなので130cmの服ならば十分に着ることができるでしょう。大きく成る方も10cmアップでも130cm弱なので丁度良いサイズになります。お洒落のためにゆるっとした大きめの服を着用するのも流行のファッションですから、子供服はできるだけワンサイズ大きめのものを購入してたくさん着回しされてみてはいかがですか。

子供服のサイズは身長だけでなく体型も良く考えるべし

子供には常にお洒落で可愛い服を着させてあげたいと思うのが親の一般的な考えになると思いますが、毎日違った服を着させてあげたいからといって、月に何着も購入してしまうと費用がかさんで家計の大きな負担になってしまうことがあるので注意が必要です。 また、子供服を選ぶ際にはほとんどの方が身長に合った服を選ぶことだけに意識が向いてしまう、肝心の体型に関してあまり考慮しないで買ってしまうことがあるので気を付けるようにしましょう。 子供服は1年が経過すると直ぐに着られない状態になってしまうことが多いですし、体型に合っていないものを無理に着させてしまうと血流の流れを悪くして快適な活動が行えないデメリットも発生してしまうことがあるので、買うときには身長に合ったものだけではなく身体に多少のゆとりを持たせたタイプを選んでいくことが重要になってきます。 それと、ゆとりのある服を買っておけばちょっと成長しても無理なく着ることができるようになるので、何度も買い替えなくて済むメリットも生まれやすくなります。

できれば子供服は試着してから買うのがベスト

子供服を購入する場合、サイズを見てそのまま購入される方もいらっしゃいます。基本的に日本でも子供服は、100、110、120などといった身長によるサイズ表記が主流となっていることが多いため、お子様の身長に合わせて服を選びがちです。しかし、お子様の体型は一人一人様々で、ほっそりしているお子様もいれば、がっちり体型のお子様もいます。例えば120cmだからと120サイズの洋服を購入して着てみたら、ぴったりすぎて動きづらいという失敗もよくあることです。これはブランドやデザインによってタイトに作られていたり、ゆったり目シルエットに作られていたりすることがあるので、着用してみたらと思っていた印象と違って後悔することがあります。この様な後悔を避けるためにも、是非お子様の服は試着をしてから購入するのがベストです。ブランドによってはコンパクトな造りになっていたり、タイトめに作られているブランドもあり、ワンサイズ上のものではないと着られないといったケースも良くあります。できれば初めて購入するブランドは、試着をするように心がけましょう。

子供服はワンシーズン何着持っておくべき?

ワンシーズンに必要な子供服の枚数は、年齢別に考える必要があります。0から6歳の保育園または幼稚園に通っている年齢は、汚すことが多いので多めに用意しておくのがおすすめです。この年齢の子供服は、すぐにサイズアウトしてしまうのでなるべく増やしたくないという人も多いでしょう。0から6歳の子供なら肌着3枚、トップスが4枚、ボトムスが4枚もあれば十分であると言えます。幼稚園や保育園に着替えをストックしておかなければならないことも多いので、追加で2セット位準備することができれば万全です。子供服は、枚数というより種類を考えて用意しておくと安心であると言えます。例えばアウターならすぐに羽織れるカーディガンやパーカーと、厚手の上着など気温や天候によって調節ができるように1着ずつ備えておくと失敗することがないでしょう。夏場の子供達は汗をよくかくので、トップスの枚数は増やしておく必要があります。ワンシーズンしか着ることができない、ということも多々あるのでストックが増えすぎないように注意しましょう。

シーズン物も異なるシーズンのファッションを組み合わせたコーデで使い回し

子供は成長が早いので、シーズン毎に洋服を買い替えるとなると経済的にも負担になる事は多いです。洋服自体もシーズン毎に合わせるのではなく、シーズンが異なる種類であっても上手に組み合わせることで使い回しが可能となります。実際に子供服自体はデザイン性や機能面の他、伸縮性を考えて選ぶとぐっと着回しや組み合わせの幅を広げる事が可能です。夏場の短パンやTシャツなどはそのまま暑い時期に利用出来ますが、冬場でも問題なく利用する事が出来ます。Tシャツの下に長袖を合わせたり、短パンであれば下にタイツなどを履かせると良いです。夏用の服は手軽だからこそ、汚れたらTシャツや短パン部分だけを着替えさせれば済むので簡単に利用出来ます。冬場の上着なども袖部分は直ぐに劣化しやすいですが、肩部分からカットして縫う事で春先に利用できるノースリーブタイプの子供服として活用する事も可能です。裾や袖をまくったりカットしたり工夫することで、ぐっと様々な場面で使用する事が出来ます。

冬物アウターはワンサイズ大き目がおすすめ

子供服の冬物はインナーを着こんだり、トレーナーやニットなどを着用するため着膨れしやすいです。そのため、冬物アウターはピッタリサイズのアウターでは、フィットし過ぎてしまうため動きづらくなってしまう可能性があります。冬物アウターは、中に着込むことも考えて基本的に大き目な造りにはなっている商品が多いため、もちろんぴったりサイズのアウターではダメということは決してありません。ただ子供服をできるだけ長く着用したいという方は特に、着やすさや来シーズンもギリギリ持ち越せるといった意味でも大き目を購入しておくと良いでしょう。現代のファッションは大人も子供も多少たぼっとした大き目サイズを着用するのがおしゃれの定番にもなっています。子供服のアウターの場合は、ワンサイズ上になると袖の長さが長めになってしまいますが、冬は手が隠れるくらいの物だと手も温かくなりますし、袖をまくって着用するのもお洒落な着こなしを楽しめます。

子供服に関する情報サイト
ハッピーキッズ★

子供服のサイズが毎年変わることは当たり前で、急速に成長するので損をしながらも効果的に服を購入するためには、以下のコツが役立ちます。成長期の子供には1つ大きめのサイズを選ぶことで、服がすぐに小さくなるリスクを軽減できます。あまり大きすぎると着用が難しくなるため、バランスを考えることです。ウエストや袖口、裾などが調整可能なデザインの服は、成長に合わせてサイズを調整できるため便利です。例えばウエストベルトや調整できるゴムなどがあるか確認します。

Search